MENU

プロペシアの飲み合わせでの注意点

育毛剤のプロペシアは、外側から塗るタイプではなく、内服して薄毛ケアを行います。

 

体内から作用するということで、別の薬を併用した場合、飲み合わせを避けた方がいい薬はあるのでしょうか。

 

治療薬によっては、併用すると効果が弱くなってしまったり、副作用を発症する可能性もありますが、プロペシアはそのような報告がなされていません。

 

プロペシア正規品を購入

 

併用禁忌薬があると、飲み合わせを気にして、薬剤師さんや医師にいちいち確認しなければなりませんが、そのような手間がいらないのは助かりますね。

 

風邪の引き始めに、市販薬で早めに治してしまおうということがよくありますが、育毛剤を利用していることを薬剤師さんに告げなければならないのでは、気が重くなってしまいそうです。

 

そのような心配がいらないので、利用しやすい育毛剤なのではないでしょうか。

 

プロペシアは、少なくとも半年間は続けて毎日服用するようにと勧められえています。

 

6ヶ月というと、実際にはかなり長い期間ですから、体調を崩すことも当然あるでしょう。

 

注意点として、プロペシアに含まれているフィナステリドに過敏症の既往歴がある方は禁忌とされています。

 

過敏症というのは、発疹、じんましん、顔面腫脹、口唇腫脹、そう痒症です。

 

肝機能障害と診断をされている患者さんは、気をつけてください。

 

プロペシアは、肝臓で主に代謝が行われるという性質を持っていますので、影響を受ける可能性があり、安全性が確認されていないためです。

 

肝機能障害でない方でも、利用中に異常を感じることがあれば、服用を中断して、医師に相談するなど適切な対処をとりましょう。

 

γ-GTPの上昇、GPT(ALT)の上昇、GOT(AST)の上昇があるかもしれません。

 

飲み合わせというと薬を連想しますが、プロペシアは食事を摂っても摂らなくても、服用することができます。

 

プロペシア0.2mgを、毎日1回忘れずに経口服用してください。

 

服用しなくなると、せっかくの効果がなくなりますので、摂取する時刻を一定に決めるなど工夫してみてはいかがでしょうか。

 

プロペシア正規品を購入

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。