MENU

薄毛の原因となるテストステロン

テストステロンは、男性ホルモンの種類の名前です。

 

テストステロンは、男性型脱毛症(AGA)との関係性が指摘されています。

 

壮年性脱毛症ともいわれるAGAは、酵素の5−αリダクターゼの影響を受けたテストステロンが、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるホルモンに変化して、毛母細胞の機能をジヒドロテストステロンが抑制するタンパク質を生成することから引き起こされます。

 

プロペシア正規品を購入

 

フィナステリドは、飲む育毛剤といわれるプロペシアに入っている有効成分で、5-αリダクターゼTypeUの機能を抑制する効果を持っています。

 

ジヒドロテストステロンにテストステロンが変わるのを予防する効き目を発揮して、脱毛予防に効果を現すということです。

 

国内においてプロペシアは、厚生労働省から2005年10月に萬有製薬が輸入承認をとっています。

 

国内で最初のAGA(男性型脱毛症)用薬として、プロペシアは同年12月から販売されています。

 

販売が開始されたといっても、日本では医師の処方箋がないと購入できない医療用医薬品なので、海外のプロペシアを個人輸入したり、輸入代行業者の通販サイトから手に入れている方もいます。

 

遺伝的な影響を受けるケースが多い男性型脱毛症は、年齢が20代〜30代の時期より、だんだんと髪の量に変化が現れ始めます。

 

プロペシアを服用することによって、男性型脱毛症が進むのを遅延させられるということです。

 

アメリカで行われた臨床試験によると、プロペシアを服用した男性の7割以上が、育毛効果を実感したとそうです。

 

日本での臨床試験では、1mgの分量を服用した方は58%、0.2mgの方は54%の割合で、改善されたのだそうです。

 

プロペシアを摂取する方が、服用を開始した時点で、どのくらい脱毛症が進んでいたかによっても、育毛効果の現れ方に違いが生じるようです。

 

早い方は6ヶ月〜3ヶ月の使用で、効き目が現れたといいます。

 

毛髪が伸びるスピードは、1カ月1センチ程度ですから、ある程度続ける必要はありますが、一般的に半年は継続して経過を見た方がいいようです。

 

プロペシア正規品を購入

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。